本文へスキップ

健康に役立つ商品や櫻井 喜美夫氏の発明品などを販売しているオンラインショップです。

                 

                               


三井式温熱治療とは 


開発者・三井 兎女子(とめこ)氏のプロフィール

山梨女子師範学校卒、教職者として32年間を過ごす。
60歳にして医療の道を志し東洋鍼灸学校に入学。
指圧師の国家資格を取得。
1978年、温熱療法を確立し、治療院『丼龍堂』を開設。
以後、23年にわたって難病・重病の治療に傾倒。
2001年、享年86歳にて逝去。

三井温熱医療機器の2人の『産みの親』

写真右側が、三井温熱を療法師として『体現』した、故・三井 兎女子(とめこ)氏。そしてもう一人は、三井温熱株式会社の創始者であり代表の高木 幸江(たかぎゆきえ)氏。
お二人は、強い信頼関係で結ばれ、二人三脚で『三井温熱株式会社』を形にしてこられました。
 





三井温熱の『アチチ反応』


三井温熱は単に身体を温めるのではなく、常に点と点を移動しながら熱で刺激してゆきます。
『気持ち良いな』と思っていたら、時には『アチチ』と声を上げてしまう位、熱く感じてしまう部位があります。そうゆう部位は血流が滞っていたり、身体や内臓などの疲れている部分、悪い部分に出やすい反応なのですが、その部分に熱を入れてあげると(注熱)、自律神経の乱れを正して、身体本来の治癒力を高め、免疫力を上げてくれます。


特にガンで闘病中の方や、慢性的なつらい症状でお悩みの方には、絶望せずに1度使用して頂きたいと切に願っております。

大阪で月に1度,三井温熱機器の体験会もございます。
ご興味のある方は1度ご連絡下さいませ。
たくさんの方のご参加お待ちしております。

メールはこちらへ  sakura@sakuracorporation369.net
お問合せフォームからはこちらをクリック




三井温熱のガン療法

三井温熱の開発者、故三井 兎女子(みついとめこ)氏は、老齢にも関わらず、多くの末期ガン患者の温熱療法にあたり、その臨床効果から彼らに希望の灯りをともし、この素晴らしい“熱”の持つ効果を、より多くの方に知って頂くことを切に願っておられました。お亡くなりになる日まで診療所で治療にあたられていたとお聞きしております。


三井温熱療法の開発者、故三井とめ子氏は『温熱療法でガン・難病に克つ』(リヨン社発刊)の中で、開発に至るまでについて次のように話されています。

「難病に対する私の治療方針は、三井温熱療法により、血行を良くし、エネルギーに満ちた新鮮な血液を円滑に循環させ、背中への注熱により、自律神経の調整を行なって、心身のストレスを解消することでした―」

「血行を良くし、自律神経の調整(交感神経と副交感神経のバランスを整える)ができると、いろんな病気が治ってしまったのです」

「昭和61年頃から、三井温熱療法は、手術・抗がん剤・放射線によらない、体にやさしいガン治療法として広く認められはじめました。温熱診断に対するガンの鋭敏な反応と、自律神経調整への温熱治療の驚異的効果に、ようやく私も自信を持つようになりました


まさに三井温熱療法は、血流を良くして、体温を上げ、自律神経を整え、酵素、免疫の働きを活発にさせる最適の療法です。




ガンは42度以上の熱で消滅する!!

ガンは42℃以上の熱で消滅する 《参考文献『癌・温熱療法の科学』 (P43より) 医学博士 フランク・T・小林(オルタナチィブ選書)》 ということが最近の研究で報告されており、温熱器の熱と遠赤外線は、からだの深部まで到達するためガンそのものを治療する働きがあるようです。
注熱によりガン細胞に入った熱は、ガンに栄養を送るガン血管を働かなくして、ガン細胞を壊死させることも起こりうるのです。

温熱刺激により、生体を防御する働きのある「ヒートショックプロティン」というタンパク質がつくられ、これがガン細胞を正常細胞にもどす助けになることもわかってきました




40度の高熱で肺中一杯のガンが1~2週間で消えた!

『体温免疫力』(ナツメ社発行)の著者、安保 徹氏は次のように紹介されています。

「がんが発症してしまったら、もう免疫の力ではどうしようもないのかというと、そのようなことはありません。たしかに、患者さんの体は、がんの勢いで免疫の力は低下しています。体の中では、交感神経優位になり、体温も低下することが起こっています。したがって、体温を高めて、体のメンテナンスを行えばよいのです。体温が上がれば、交感神経と副交感神経のバランスが戻り、免疫の力がよみがえってきます。そしてがん細胞めがけてNK(ナチュラル・キラー)細胞が攻撃をしかけてくれます。これが温熱療法の目的なのです。おもしろいのは、高熱が出てがんが消えるときは、じつにスパッとがんがなくなることです。リンパ球が攻撃するなどというと、ジワジワと少しずつがんが小さくなるイメージがありますが、肺中がんだらけという状態でも、たった1,2週間で、一瞬にして消えてしまいます。患者さんは40℃近い高熱を出し、体がだるくて具合が悪くなりますが、その後はちょうど風邪が治ったときのように、『スッキリしたな!』と自覚します。



末期ガンの宣告を受けた患者が医師を訴えた・・・


これは、海外の話だそうですが、医師から『末期ガン』の宣告を受けた患者さんが、全財産を使いはたして、ある時マラリアにかかってしまい、高熱で何日もうなされた結果・・・予期せぬ事が。。

ガン細胞が熱で全部死んでしまった・・・!!(通常の細胞に戻ったと考えられます)
しかし、全財産使いはたしてしまい、医師を訴えるという(笑)日本では考えられないような話も耳にしました。




体温が1度上がると免疫が30%も上昇!


 この様に、身体の体温と免疫は切っても切れない関係にありますので、身体を温める事がいかに重要かは皆さんがよくお分かりかと思います。低体温(35度代)の方は、免疫も落ちていると考えられるので、特に注意(ケア)して頂きたいと思います。

 三井温熱機器で温める、お風呂に浸かる、適度な運動で身体を温める習慣を作り、ビタミン・ミネラルなどの栄養不足だと食べ物からエネルギーや熱を作ることができず、体温が上がらなくなりますので、きちんと栄養補給もしましょう☆






三井式温熱療法の体験談


●子宮内膜症で医者からは、手術といわれていたのですが温熱器で毎日注熱を続けていたら、2週間ほどで完治してしまい、手術しなくてもよくなりました!


●私は、約半年間くらい坐骨神経痛の痛みで悩んでいましたが、三井温熱器で治療すると2日で痛みがとれてしまい、今までの痛みはなんだったのかと、驚きました。温めるだけで痛みがとれるなんて不思議ですが、もっと早くに治療しておけばよかったと思います。


●生理痛がひどくて、生理の度に腰痛、腹痛に悩まされていましたが、1か月程使用していると、生理通が軽くなり、あまり気にならない程度まで軽減しました!痛み止めのお薬にたよっていましたが、手放すことができ体調もよくなりました。すごいです!






数量:

 セット内容
式温熱治療器2 本体
 ヘッド部分にかぶせるカバー2枚
 本体ケース(ブラック)
 ひとりでできるDVD
 保証書
 化粧箱


 治療器2の仕様
 電源 交流100V 
 消費電力 最大31W 
 定格時間 60分 
 温度調節の温度 1=45℃ 2=55℃ 3=60℃ 4=65℃ 5=70℃  
 サイズ 発熱するヘッド部分:70(幅)×30(高)×230(奥)mm
制御部分 :160(幅)×40(高)×100(奥)mm
 重量 発熱部分:160g
制御部分:230g   
 管理医療機器認証番号 220AGBZX00154000 
 メーカー 三井温熱株式会社 
 保障 1年間 





内臓の機能低下と自律神経・・・


内臓の機能低下があれば、必ずと言っていいほど体表に現れます。各内臓を支配する自律神経を温熱器で注熱し、整えることで、内臓からくるあらゆる体調不良を改善し、肩こり、腰痛、頭痛、自律神経失調症、ホルモンの分泌、などを正常に戻し難治性症状を改善していきましょう。

自律神経という言葉は、皆さん良く耳にする言葉だと思いますが、具体的にどうゆう作用があるのか詳しく書いていきたいと思います。



  




   

        

        
   
  















近日発売!アマゾンにて予約受付中








バテラス宝珠について、P116、P211
に掲載されています。






三井式温熱治療器の開発者
三井と女子氏が書かれたおすすめ本です














さくらコーポレーション さくら工房

〒593-8307
大阪府堺市西区平岡町275-23
http://sakuracorporation369.net
e-mail : sakura@sakuracorporation369.net

メールからのお問合せはこちら